~システムソリューション、LABO型開発~ 株式会社スタイラジー
stylagy

LABO型開発

開発において外注利用を検討されているお客様に対し、必要な人数を必要な期間、お客様の専属チームとして契約する開発モデルです。
従来の請負契約のようにプロジェクト単位での契約とは異なり、期間単位での開発リソースの確保が可能となります。
元々はオフショア開発における契約手法の一つであるLABO型開発を、弊社は新たな国内LABO型開発として、多様化するIT市場に対して、スピード感を持ってシステム開発を行う体制を構築します。

POINT

  1. 弊社内にて貴社専属チームを構築し、プロジェクト推進。
  2. 専属チーム構築に当たってのメンバー選定は応相談。(※プロジェクト開始後のスケーリングも同様。)
  3. チーム管理、リソースマネージメントは全て弊社PMが実行。
  4. 座席やPC準備等、ロケーションを選ばず開発が可能。
  5. ご要望に応じて短期間の常駐対応も可能。 (※弊社PMが短期常駐し、開発フローなどを習得致します。)
  6. 週次報告、レビューの実施。(進捗報告、品質を担保)
事業内容イラスト

弊社LABO型開発

弊社開発イラスト

契約:従事した時間と工数により対価が発生

特徴:

  • 企画段階、設計、開発、運用において、仕様変更を前提とした開発進行が可能
  • 仕様変更に伴う追加費用の発生等はなし
  • チームスケーリングが柔軟に行える

従来型請負開発

弊社開発イラスト

契約:成果物に対して対価が発生

特徴:
  • 全ての仕様、金額、スケジュールを確定させた状態でプロジェクトがスタート
  • 仕様変更、機能追加時などにおいて、都度費用見直しの必要がある(再見積)
  • リスクバッファを考慮し、技術者単価が高単価

LABO型開発ご利用のメリット

  1. プロジェクト管理、リソースマネジメント工数の削減。

    ⇒①弊社PMがチーム管理を行い、進捗報告、成果報告の実施。

    ②弊社PMがリソースマネジメントを実行。

  2. 開発リソースの確保。

    ⇒①通常の常駐開発(SES契約)で行っている技術者面談、要員投入、交替等の工数カット。

    ②期間での契約となるため、必要な期間に専属チームとして確保が可能。

  3. 最大のコストパフォーマンス。

    ⇒①単価比較の通り、低コストでのチーム構築が可能。

    ②各工数(人員調整、マネジメントなど)の大幅削減が可能。

    ③仕様追加、開発優先順位の変更への対応も柔軟に対応可能。

    ④ハード面、ソフト面の費用発生を低減できる。

  4. ロケーションを気にすることなくプロジェクトの推進が可能。

    ⇒①座席、PC、入館手続きなどの工数カット。

LABO型開発におけるフロー

ご提案

①営業及び弊社PMが貴社プロジェクト状況等を確認し、最適なチームを構築。

ご提案

②仕様把握及び貴社開発、運用フローの習得を目的に 弊社PMが短期常駐も可能

③仕様変更、機能追加などにも対応し、最適なサービスを貴社と共に構築。
また進捗、成果等も細かく共有することで、品質の担保も可能。

ご提案

④リリース後も同チーム体制で運用、保守など対応。
また新プロジェクトの立上げに際しても継続して専属チームが担当。

システムソリューション

<飲食店向け予約サービス開発>

体制:3人
言語:PHP
環境:Laravel、JavaScript、MySQL、Git、JIRA

<某通信キャリア向けポータルサイト開発>

体制:7人
言語:PHP
環境:Yii2 Framework、MySQL、Git、JIRA

<広告会社向け営業支援システム開発>

体制:10人
言語:Java
環境:Spring、DBFlute、Oracle、Git、Redmine